【ソープランド・動画】清楚で控えめな役が多かった加瀬かなこさんが、ここまで見事なソープ嬢になり切って濃厚なサービスをしていることに驚く。

【ソープランド・動画】清楚で控えめな役が多かった加瀬かなこさんが、ここまで見事なソープ嬢になり切って濃厚なサービスをしていることに驚く。

トークが無駄
客とのトークは要らない。無駄。聴きたくない。どうでもいい。即尺しようとすると客が「汚いよ」とかいう下りも要らない。そんな客いない。女優は小さくてかわいらしいのにジャケット写真でボリュームある感じになっているのは一考の余地あり。キスはお互い舌を出して絡めあうのが多すぎる。ガッツリと口内で舌を絡めあうのがもっと多くても良いと思う。終盤に向かってエロさが増していくのがとても良かった。総評で言えば素晴らしい作品です。

こんなソーププレイをされたら、たまりません
すばらしい、プロポーションの熟女に こんなソーププレイをされたら、たまりません。キスもふんだんにあり、とても抜ける作品です。

びっくりするくらいのディープキスサービス
躰が美しい!キスがイイカンジ!エロサービス満点のコンパニオン。

ソープ嬢の鑑のような見事さ
本作の加瀬かなこさんのソープ嬢はDMM作品紹介文やパケ写のキャッチコピーが大げさでないことを示している。まさに「天使の微笑み」とトークに芯から癒される。ソープ嬢の鑑、さらには「娼婦道」という言葉さえ連想してしまう。清楚で控えめな役が多かった加瀬かなこさんが、ここまで見事なソープ嬢になり切って濃厚なサービスをしていることに驚く。何よりも中年男たちを癒すトーク力はずば抜けている。タイトルの「濃厚な接吻」は心がこもっていて、ダテではない。口の中で唾液が糸を引いている。唾液飲ませも多く、足指の一本一本まで丁寧に舐めしゃぶる。即尺、スケベ椅子、マットプレイなどの定番プレイにも淀みがない。「加瀬さんがここまでやるの?」というレベルだ。最後のChap、トニー大木とのベッドでのカラミに加瀬さんの良い点が集約されているように思う。本作には加瀬さんの新たな一面と、AV女優としての並々ならぬ力量を見た思いがする。今後の作品に生きてくるはずだ。全裸シーンには、ほんのかすかな日焼け跡が見てとれた。「日焼け」ジャンルは最近はあまり流行らないが、それに限らず、新しいジャンルにも期待したい。

かなこさん、いいい!
絶対あったら来店します、バックでプクっと開くアナルがエロいし、背中の曲線美は綺麗、エロ尻もそそります、ベロキス◎大胆なフェラ◎、トークもバッチリ◎、最初はウブな人妻さんだと思っていたけど、淫らに育った、とても興奮します、かなこさんと、ヤりたくなっちゃった!

惚れ惚れする
ジャケ写真だけで元気になる。いくら出せばお相手して戴けますかねぇ(笑)

最高の女優!
全て揃った最高の女優だ。美貌、美しい躰、優しさ、テクニック、数えたらきりがない。私は、彼女と一色桃子に癒されている。