小股の切れ上がったいい女【ビキニガールが教えます!】こまたのきれあがったいいおんな…とは(意味・語源・由来・例文・用例・使い方)

小股の切れ上がったいい女【ビキニガールが教えます!】こまたのきれあがったいいおんな…とは(意味・語源・由来・例文・用例・使い方)

小股の切れ上がったいい女【ビキニガールが教えます!】こまたのきれあがったいいおんな…とは(意味・語源・由来)

小股の切れ上がったいい女【ビキニガールが教えます!】こまたのきれあがったいいおんな…とは(意味・語源・由来)

「エントリーナンバー1番!ちづるさんです!」
「彼女はまさに「小股の切れ上がったいい女」という表現がピッタリの女性ですね!」
「なるほど!それは水着の股の部分が切れて破れてしまっていると…そういう意味ですね!」
「違います!「小股の切れ上がった」というのは、ちょっとばかり股が切れ上がった…つまり「少し脚が長くてスタイルがいい」という意味です!そしてこの言葉は、情は厚いけれどしつこくなく、明るくさばさばした性格の比喩としても用いられます!
「しかしまさか水着の股の部分が破けるとは!大変なアクシデントが起きてしまいましたね!」
「だから違うって言ってるでしょ!よく見なさいよ!水着の股の部分は破けたりなんかしてないでしょ!」
「あんたたちいいかげんにしなさい!」

意味・語源・由来・例文・用例・使い方カテゴリの最新記事