足を洗う【ビキニガールが教えます!】あしをあらう…とは(意味・語源・由来・例文・用例・使い方)

足を洗う【ビキニガールが教えます!】あしをあらう…とは(意味・語源・由来・例文・用例・使い方)

足を洗う【ビキニガールが教えます!】あしをあらう…とは(意味・語源・由来)

足を洗う【ビキニガールが教えます!】あしをあらう…とは(意味・語源・由来)

最近金欠で夜のバイトを始めた―
「いらっしゃいませ!」
「まだ足を洗ってないの?」
「毎日お風呂で洗ってるけど?」
「「足を洗う(あしをあらう)」っていうのは悪い行いをやめるっていう意味なの!もともとは裸足で修業していたお坊さんがお寺に入る前に俗世の煩悩を清めるために足を洗っていたことが語源になってるの!でも江戸時代は遊女が遊郭をやめるときや乞食が庶民に戻るときの足洗い儀式のほうが有名だったみたいよ!」
「え~ん!一緒にしないで!」

【解説】「足を洗う(あしをあらう)」とは、もともとは悪い行いをやめるという意味だったのですが、現代では良い悪いにかかわらず、仕事や習慣をやめるときに使われています…裸足で修業していたお坊さんが、お寺に入る前に俗世の煩悩を清めるために足を洗っていたことが語源になっているのですが、江戸時代、足を洗うといえば、遊女が遊郭をやめるときや乞食が庶民に戻るときの「足洗い儀式」が真っ先に思い浮かべられていたようです…

足を洗う【スクール水着で答えます!】あしをあらう…とは(例文・用例・使い方)

足を洗う【スクール水着で答えます!】あしをあらう…とは(例文・用例・使い方)

「姉さん…私、もうこの世界から足を洗おうと思ってるの…」
「何だって!?足を洗うだって!?あんた、滅多なことを言うもんじゃないよ!兄貴たちにバレたらただじゃすまないよ!」
「わかってるわ…この世界から足を洗うってことがどんなに危ないことか…でも私、やっと愛し合える男の人と出会ったの…その人と幸せになりたいの…」
「…そうだったのかい…あんたにそんな人がねえ…ちっとも気づかなかったよ…そりゃあ、めでたいよ…足を洗おうって気になるのも無理はないやね…」
「ありがとう…それで姉さんには、私が足を洗うのに力を貸してほしいの…」
「ああもちろんさ!妹のように可愛いあんたのためだ!あんたが足を洗うのに一肌でも二肌でも脱がさせてもらうさ!」
「実は今夜足を洗うつもりで、もう表でその人が待ってるの!姉さんには私がここを逃げた後、できるだけ時間を稼げるように、兄さんたちにうまく取り繕っておいてもらいたいの!」
「お安いご用さ!できるだけあんたたちが遠くまで逃げられるようなうまい嘘をついといてやるから必ず足を洗うんだよ!」
「ありがとう!私、足を洗った後も絶対姉さんのこと忘れない!」
「あたしのことなんざ、すぐに忘れちまいな!あたしだって若い時分にそんな人ができてりゃあ、どんな危ない橋を渡ったって足を洗ってたってもんさ!あたしのぶんまで幸せになるんだよ!さあさ!兄貴たちが帰ってこないうち早いとこ出てった出てった!」