色を付ける【ビキニガールが教えます!】いろをつける…とは(意味・語源・由来・例文・用例・使い方)

色を付ける【ビキニガールが教えます!】いろをつける…とは(意味・語源・由来・例文・用例・使い方)

色を付ける【ビキニガールが教えます!】いろをつける…とは(意味・語源・由来)

色を付ける【ビキニガールが教えます!】いろをつける…とは(意味・語源・由来)

「はいバイト代!今月は頑張ってくれたから少し色を付けておいたわよ!」
「やったー!店長ありがとう!わー!カラフルでかわいい!」
「あのねー…「色を付ける(いろをつける)」っていうのは物事の扱いに情や優しさを加えるってことなの!」
「じゃあ使い方間違ってないじゃん!」
「あんたに何のメリットもないでしょ!」
「え~だってかわいいじゃん!」
「こんなの使えないでしょ!フツーは金額を増やすことをいうのよ!」
「え~そうなの?」

【解説】「色を付ける(いろをつける)」の「」は「情愛」や「優しさ」を意味していて、物事の扱いに「情や優しさを加える」「おまけする」「サービスする」ということのたとえです…着色したほうが料金が高くなるような衣類などを販売する際、「着色なし」で注文したお客さんに渡す品物に、サービスで着色してあげていたような習慣が由来になっているのかもしれませんね!

色を付ける【スクール水着で答えます!】いろをつける…とは(例文・用例・使い方)

色を付ける【スクール水着で答えます!】いろをつける…とは(例文・用例・使い方)

「社長!僕、今月は頑張ったから、今いただいたこの給料袋の中身…少しは色を付けてくれてありますよね?」
「ふん!あの程度の頑張りじゃあ、色を付けるなんてことできんな…」
「そんなあ!給料日は家で妻が楽しみに待ってるんです!少しくらい色を付けてくれたっていいじゃないですか!」
色を付けるのに見合うだけの働きをしたら付けてやるよ…」

 

「はあ…ただいまあ…ごめん…あのケチ社長、全然色を付けてくれなかったよ…もう頑張る気もなくなったよ…」
「ふふっ…その代わり私がお夕飯に色を付けておいたわよ!」
「わあ!本当だあ!僕の好物ばっかり!こんな色を付けてもらったら、来月も頑張らないわけにはいかないな!」
「あら!?いつもよりお給料多いわよ!社長さん、色を付けてくれたんじゃない!?」
「えっ!?確かに色なんか付けてないって言ってたけどな…あっ!明細書を見たら、基本給がアップしてる!」
「こんな色の付け方をするなんてニクい社長さんね!」