欠を割る【ビキニガールが教えます!】けつをわる…とは(意味・語源・由来・例文・用例・使い方)

欠を割る【ビキニガールが教えます!】けつをわる…とは(意味・語源・由来・例文・用例・使い方)

欠を割る【ビキニガールが教えます!】けつをわる…とは(意味・語源・由来)

欠を割る【ビキニガールが教えます!】けつをわる…とは(意味・語源・由来)

「ちづる先輩に壊したお人形直せって言われたけど無理だよ~…」
「しょうがないでしょ!私たちが壊したのバレちゃったんだから!もうケツ割る気?」
「お人形のおケツを割る気はないしあたしのおケツはもともと割れてますが?」
「この場合の「欠(けつ)」は欠点とか弱点のこと!「割る」は何かを割って中の物をさらけ出すって意味よ!」
「欠点をさらけ出すってこと?」
「そっ!できない事情を話して一度引き受けた依頼を断るってことから「逃げ出す」って意味で使われるようになったのよ!」
「へ~!」
「「悪事がバレる」って意味の「穴(けつ)が割れる」って言葉もあるからこの場合「穴(けつ)が割れて欠(けつ)を割る」ってとこかしら?」
「あはは!」
「おケツを割ってほしいのはどの子かしら?」
「針と糸取って!」
「オッケー!」

【解説】「欠を割る(けつをわる)」の「欠(けつ)」は「欠点」とか「弱点」のことで、「割る」は「何かを割って中の物をさらけ出す」という意味です…もともと「欠点をさらけ出す」から「できない事情を話して、一度引き受けた依頼を断る」という意味で使われていましたが、それが転じて「逃げ出す」という意味で使われるようになりました…同じ読みで「穴を割る(けつをわる)」「尻を割る(しりをわる)」という言葉がありますが、こちらは「悪事をバラす」という意味で、「穴が割れる(けつがわれる)」「尻が割れる(しりがわれる)」は「悪事がバレる」という意味です…

【類義語】穴を割る、尻を割る、穴が割れる、尻が割れる

欠を割る【ハイレグレディーが解決します!】けつをわる…とは(例文・用例・使い方)

欠を割る【ハイレグレディーが解決します!】けつをわる…とは(例文・用例・使い方)

「私、けつを割ろうと思ってるの…」
「先輩!?どうしてですか!?どうして急にけつを割るだなんて…」
「…急にじゃないのよ…けつを割ることについては…あなたと組むようになってから、ずっと考えていたんだけど…今回のミッションを告げられて、やっと踏ん切りがついたの…」
「私がけつを割る原因なんですか!?」
「ううん…そうじゃないの…今回のミッションはハニートラップ…世界中のビップを相手に色仕掛けで罠にかけること…どうしても若さと美貌が必要になるわ…あなたの若さと美貌を目の当たりにして、私にはもうこの仕事を続けていく自信がなくなったの…だからけつを割ることに決めたのよ…」
「そんな!先輩はまだまだ若さも美貌もあります!けつを割るなんて早すぎます!」
「ありがとう…でももう決めたの…今日でけつを割らせてもらうわ…」

 

「先輩!あのミッション、無事成功に終わらせました!どうですか?初めてけつを割った気分は?」
「ごめんなさいね…けつを割った私のけつを拭かせちゃったみたいね…初めてけつを割った気分ねえ…やっぱり退屈で仕方ないわ!次回からまた組ませてちょうだい!」
「そうこなくっちゃ!もうけつを割るなんて言わないでくださいね!」

意味・語源・由来・例文・用例・使い方カテゴリの最新記事