まんじりともせず【ビキニガールが教えます!】まんじり…とは(意味・語源・由来・例文・用例・使い方)

まんじりともせず【ビキニガールが教えます!】まんじり…とは(意味・語源・由来・例文・用例・使い方)

まんじりともせず【ビキニガールが教えます!】まんじり…とは(意味・語源・由来)

まんじりともせず【ビキニガールが教えます!】まんじり…とは(意味・語源・由来)

「かなめちゃん疲れた顔してるね~…」
「そ~なの…昨日…飼い猫のミーちゃんが帰って来なくてさ~…心配で、まんじりともできなかったよ~…」
「まんじるというのは…」
「「まんじり」!「少し眠る」って意味!少しも眠れなかったって言ってるのよ!」
「はい!」
「ミーちゃん!」
「昨日からあたしのうちに遊びに来てたんだよ~!」
「連絡してよ!」

【解説】「まんじり」とは「少し眠る」という意味です…「ウトウトする」とか「まどろむ」といったところでしょうか…通常はその後に打ち消しの言葉を続けて使います…「まんじり」の語源については、「眥(まなじり)」(目尻のこと)という説が有名です…

まんじりともせず【スクール水着で答えます!】まんじり…とは(例文・用例・使い方)

まんじりともせず【スクール水着で答えます!】まんじり…とは(例文・用例・使い方)

「最近不眠症みたいで…まんじりともせず朝を迎える日が続いてるの…」
まんじりともできないなんて辛いでしょう…お医者さんには行った?」
「うん…もらったお薬も飲んでるんだけど…やっぱりまんじりともできなくて…」
「夜、そんなにまんじりともできないなら、昼間、眠くなっちゃうんじゃない?」
「ううん…一度会社を休んで昼間眠ろうとしたんだけど、やっぱりまんじりともせず夜を迎えてしまったの…」
「それじゃあいったい、あなた何日間くらいまんじりともしてないの?」
「もうかれこれ一か月くらい、まんじりともしてないわ…」
「そんなにまんじりともしてなくて、あなたよく生きてるわね!本当はあなたは今眠っていて、これは夢なんじゃない?」
「なるほど!それは極端としても、まんじりともできないというのは錯覚で、実は意識をもって日常生活を送りながら脳は眠っているのかもしれないわね!」

意味・語源・由来・例文・用例・使い方カテゴリの最新記事