【ビキニガールが教えます!】「遣らずの雨(やらずのあめ)」とは(意味・語源)

遣らずの雨(やらずのあめ)とは(意味・語源)…「遣らず」は「行かせない」って意味なの!帰ろうとする人や出かけようとする人を引き止めるかのように降る雨のことよ!帰り際、好きな人に「遣らずの雨が降らないかな…」なんて言われたら嬉しいわよね♪

みほ「明日がイベントの初日なのに天気予報は雨だって!お客さん来ないよ~!」
かなめ「確かに…遣らずの雨になりそうね…」
みほ「「ヤラず」って?」
かなめ「カタカナで言わないの!「遣らず」は「行かせない」って意味!帰ろうとする人や出かけようとする人を引き止めるかのように降る雨のことよ!」
ゆりか「最近彼がイカせてくれなくってさ~!」
ちづる「わかる~!私の彼も最近イカせてくれなくてさ~!」
ゆりか「ちづるちゃんの彼って「マモルくん」でしょ?」
ちづる「悪い?」
ゆりか「使い方が悪いだけなんじゃないの?」
ちづる「使い方とか言わないで!」
みほ「行かせてくれないのは雨だけじゃないみたいね!」

【ビキニガールが教えます!】カテゴリの最新記事