【ビキニガールが教えます!】「一肌脱ぐ(ひとはだぬぐ)」とは(意味・語源)

一肌脱ぐ(ひとはだぬぐ)とは(意味・語源)…そう…「人肌恋しい」の「人肌(ひとはだ)」ではないのです…「一肌(ひとはだ)」です…「片肌(かたはだ)」ともいいます…どの部分の肌かというと、利き腕があるほうの上半身です…昔の日本では、男性が本気になって仕事をするときは、着物の袖がじゃまにならないように片袖を脱いで半分上半身裸になっていました…袖がじゃまなだけなら、襷(たすき)という便利な道具もあったはずですが、常に持ち歩いていたわけでもないでしょうし、そんな間も惜しい、もどかしいくらい勢い込んでいる、本気度が高いということなのでしょう…人から何か頼まれたときなどにも、バッと片袖を脱いで「本気で力を貸すぜ!」という意思表示をしていたことから、「一肌脱ぐ」=「本腰を入れて人に力を貸す」という表現が生まれました…さらに意味の強まった「両肌(または諸肌)脱ぐ(もろはだぬぐ)」という表現もあります♪

みほ「この間のイベントかなめちゃんのおかげで大盛況だったから、店長が次回も出てほしいって!」
かなめ「しょーがないなー!一肌脱ぐか!」
みほ「人肌?恋しいの?」
かなめ「一肌(ひとはだ)!本腰を入れて人に力を貸すって意味!片袖脱いでガンバルってことよ!何赤くなってるの?」
みほ「早くブラのストラップ片っぽ外して!かなめちゃんのおっぱい見たい」
かなめ「外すわけないでしょ!」
あけみ「次回はストリップショーね!」

【ビキニガールが教えます!】カテゴリの最新記事