【ビキニガールが教えます!】「如才ない(じょさいない)」とは(意味・語源)

如才ない(じょさいない)とは(意味・語源)…そう「じょさい」ですよ「じょさい」…「女才」ではないのです…「如才」です…「如才ない」っていうと、日常生活では、「要領がいいヤツ」とか「抜け目ないヤツ」とか「立ち回りがうまいヤツ」とか、あまり良いイメージはありませんが、ビジネスやスポーツなど「戦い」、「駆け引き」の世界では、その「如才のなさ」こそが「頼れる」、「任せられる」など、ダイレクトに評価を受けるものですよね…akiはどうかな~…女性としての才能はまあまああるほうだと思いますが(嘘です、ないです)…「如才のなさ」については…まあ…あるほうかなあ…これまで女性ばかりの世界で生き抜いてきているので、それなりには…状況に応じて「如才がある」フリもできる程度には「如才ない」です…でもいつも失敗しないように意識して演じているので、とっても疲れます…ありのままのakiを受け入れてくれるような癒し系男子がいたら紹介してください(笑)

みほ「あのちづる先輩に可愛がられてるなんて…」
かなめ「さくらちゃんて如才ないね~…」
みほ「女才(じょさい)?女性としての才能?」
かなめ「如才(じょさい)!「手抜かり」とか「なおざり」って意味!「如才ない」は「気が利く」とか「愛想がいい」ってこと!」
さくら「かなめ先輩って物知りで素敵!」
みほ「みほのかなめちゃんを取らないで!」
さくら「私にも色々教えてください!」
ゆりか「私ちづちゃん取られてもヘーキだけど…」
ちづる「冷たいわね!」

【ビキニガールが教えます!】カテゴリの最新記事