詩の朗読「小悪魔競泳水着ちっぱいパイパン美魔女43歳花井花子とハメ撮りで徹底的なエロ責めの果てに射精した瞬間猟銃で撃ち殺された竹下力14歳の愛の悲劇(Tragedy of love)」竹下力

君を昂らせる愛を撲殺せよ!
君を昂らせる愛を銃殺せよ!
君を殺すことで僕が殺されることを拒否しません!
僕が殺されることで君を殺すため悲しみを添えて。
クレソンなんかの野菜ソテーに愛の叩きを添えて。
君の愛の虜であればあらゆる批評を拒食したいよ。
僕は愛の拒食症! 愛の摂食障害! 愛をさせて!
そうでなければ、そうでありさえすれば良いのだ。
これでいいのだーなんてそんな戯言を許容してね。
愛して、愛して、愛さないでいてくれたらいいな。
僕は愛を愛さないことを否定しません!
(Don’t love love)
僕は愛を愛することを肯定しないから!
(Love love!)
否定も肯定もどっちらけの批評だから!
(LOVE!)
そんな僕は無陰毛トルコボーイですよ!
(YEAH!)
どれだけお買い得か君は知っているか!
(YOU!)
そうであればそうでない希望を絶望し。
ありとあらゆる行為を拒絶して愛して。
あなたの欲望の虜になってしまおうと。
やがてオナニーだけじゃ我慢できない。
そう言ったじゃないかって僕は泣いて。
泣いて、君にすがりついたじゃないか。
だけど君はちっぱいおっぱいを貪らせ。
そのままパイパンの剃り残しの痕に愛。
愛、愛が詰まっている気がするのです。
だからといって、君に立ちんぼを請求。
しません! でなければ、青線赤線と。
そんな高尚で公娼な制度など無視せよ!
やがてノノノノー!とはためく性欲に。
魯迅の詩的草木のごとく静欲たらしめ。
君だけを愛することを拒否しましょう。
だからこそそれは一過性のことであり。
あり得ないことではないのであります。
そうでなければいけないことでもなく。
誰もいなくなった教室にあなたが部活。
水泳部に行こうと着替えを覗き見して。
あなたは顧問の先生だからって堂々と。
ちっぱい垂れ乳を晒しながら恥ずしげ。
これはチャンスだ!とカメラを抱えて。
あなたを脅したことを許してください。
だけどそれは君への愛の接触であって。
あなたに濃厚接触したいがためであり。
それはおサセへの不可抗力だと認識し。
あなたを愛することを許してください。
灘岡中学校2年5組花井花子43歳だ。
もう僕はカメラを覗きながら、そそりたってくるものを止められなくて、あなたが着替えをしているのは知っているものですから、短小包茎それ!を僕はコキ倒し。
コキ倒して、アヘ、アヘ、アヘ、顔であなたを盗撮していたら、キンコンカンコーンと終業のベルが鳴り響き、サヨナラ、サヨナラって言う声もやにわに、僕は擦り倒しているのですから、始まりの終わりを始めたにすぎないのです。
そう、時代は、始まりの終わりを始めたにすぎません。
そう、時代は、終わりの始まりが終わったにすぎない。
つまり、時代は、いままさに、始まろうとしています。
つまり、時代は、いままさに、終わろうとしています。
それを感じませんか?僕のマスカキに人生模様の煩悶。
そんな煩悶も苦悶の表情のマスカキを愛してくれない。
のですか? のですか? のですかのーと。愛してよ!
僕は怒り狂い、ドアバターンと! どうだカメラを撮ってるぞ!とキャッとあなたはおっぱい隠さずパイパンを隠し、43歳花井花子、パイパンって日頃からアンダーヘアーケアーで、どれだけお前好かれたいんだ! お前は欲望の塊だって僕は突っ込みながらコキ倒しているわけですから、僕のそそりたったものを見出して、あら、竹下力くんじゃない。そうです、わたしが竹下力ですなどど挨拶もそぞろに、僕の勃起したペニスを眺めながら、あら、小さいわね、童貞?と聴いてくるもんですから、思わずはい! 童貞です! 僕の後ろに道はできませんと高村光太郎的に決めてみたものの、あなたは愛を知らないのね、とそそろと小悪魔水着アシックス2980円を足下に引きずりながら、ポーンと僕に放り投げて漂う、その愛液の匂い! もうたまりませんと僕もはっけよーいとふたりでがっぷり4つに組み出して、そっちに行って、あっちに行ってを繰り返し、やがて背徳的な行為となりますから、それはつまり革命をしていいとのことですか?と僕が先生に聞き出すと、先生は、あなたの革命は終わったの。終わったのと耳たぶを噛みながらヴァギナに僕のペニスを擦り付けるものですから、フェラでもしてくれませんかという前に、なんだか寂しくなっちゃって、知ってますか、先生のパイパン小悪魔水着に着替えているのを録画しているのですよと脅してみたものの、それでどうせ抜きたいんでしょなんて先生が言うもんですから、そうです。そうです。僕はもうあなたのヴァギナに挿入しているわけですから、こんな映像はYouTubeにアップしてしまいましょうと言うと、突然僕の開襟シャツの襟首を掴み、ビンタし、蹴り倒し、やめてください先生!ちっぱいおっぱいを揺らしながら憤怒に駆られたみたいで、先生は、あんた、私の裸の動画なんて高いに決まってるでしょ、金よ金、金しかないなあ!と言うもんですから、すみません、僕にはないんです、僕らは税金泥棒ですなんて宣言をしまして、でも僕のお父さんの持っている猟銃にはなれますと、僕は体を折りたたんで、関節を外して、骨をボキボキにして、そのまま猟銃になってしまったわけですが、これまたペニスから猟銃というその隠語にこそメタファーをくれないか?なんてチックな評論チックなものになりつつも、あなたは私の猟銃を掴みディルドのようにそれを抜き差ししてたら、もうなんだか猟銃的に快感を覚え始めまして、そうよ。そうよ。あなたは学校でいじめられっ子でひとりぼっちなんだから、猟銃的快感を覚えなさいと僕をコキ倒しながら、もう僕は堪らなくなってきて、僕はひとりはいやだ! 僕をいじめないで! イクイク!と叫び続けていたら、射精した瞬間にBANG!BANG!BANG!BANG!BANG!BANG!BANG!BANG!BANG!BANG!BANG!BANG!BANG!BANG!BANG!僕の精液は弾丸となってあなたのヴァギナを突き破り、あなたを粉々にし、あなたを射殺して、口から精液弾丸が飛び出して天井に張り付いた瞬間に、僕はひたすら孤独を覚えてしまって、もう首吊りじゃねえかよ! もうコキ倒すしかねえ!と僕は猟銃をコキ倒しながら、窓を開けて、バスケットボール部やサッカー部や野球部やら、夕闇に練習している奴らに向けて、大砲になってしまうほど、いや大砲になって、もう砲台になってしまって、壮大な射精をしたら、スペルマシャワーが降り注ぎ、球児たちの熱狂の汗を冷やす制汗剤になった瞬間に、小悪魔としてメフィスト的に復活したあなたは、脇毛の剃り残しのある脇にシューと僕を振りかけて、あらなかなかテオドラントねと僕は先生の夕闇の制汗剤として存在することにしたのであります。
ああ、母さん(Oh mum)。弟にフェラしていたのは本当?
愛のクンニを忘却せしめ。
愛のフェラを忘却せしめ。
己の愛を愛してみよ!
己の愛を。
愛だ!
君は木星の輪っかに小便を引っ掛けることができるのか!
愛を撲殺せよ!
愛を撲殺せよ!
Kill love!
Kill love!
Kill love!
Kill love!
I love you!
YOU!

Posted by aki