焼きが回る【ビキニガールが教えます!】やきがまわる…とは(意味・語源・由来・例文・用例・使い方)

焼きが回る【ビキニガールが教えます!】やきがまわる…とは(意味・語源・由来・例文・用例・使い方)

焼きが回る【ビキニガールが教えます!】やきがまわる…とは(意味・語源・由来)

焼きが回る【ビキニガールが教えます!】やきがまわる…とは(意味・語源・由来)

「やっぱりマモルくんとこうしているときが一番落ち着くわ…」
※注意「マモルくん」は人形(抱きまくら)です―
「さくらちゃんのこと可愛がってあげてたのに…かなめちゃんのところに行っちゃった…あんな子の正体見抜けなかったなんて…私も焼きが回ったものね…」
「そーゆーのは家でやったら?」
「え…マモルくん焼きが回るって意味知らないの?衰えるってことよ…刃物を作るときに火が回り過ぎるともろくなったり切れ味が悪くなることからきてるの……ムニャムニャ……スヤスヤ…」
「いい夢見てくださいね!」
「焼きが回り過ぎてる!」

焼きが回る【ハイレグレディーが解決します!】やきがまわる…とは(例文・用例・使い方)

焼きが回る【ハイレグレディーが解決します!】やきがまわる…とは(例文・用例・使い方)

「…事前に敵に情報が漏れていたことにも気づかず、こんな山奥のアジトに監禁されるなんて…私も焼きが回ったものね…」
「先輩!助けに来ました!先輩はまだ焼きなんて回っていませんよ!私がここにたどり着けるようにいっぱい目印を残しておいてくれたじゃないですか!」
「まあ…多少は焼きが回っていない部分も残ってないとね!それにしても…よくここに忍び込めたわね!」
焼きが回ったのは、敵さんのほうじゃないですか?有刺鉄線には電流が流れていなかったし、監視カメラも死角だらけで簡単に忍び込めましたよ!さあ!一緒に逃げましょう!」
「ところが足をケガしちゃって走れないのよ…焼きが回っている敵とはいえ、さすがに人質がいなくなれば、さして間をおかずに追いかけて来るはずよ…」
「まずはこの防弾スーツを着てください!山のふもとには私が乗ってきたバイクが隠してあります!そこまでは私が先輩を背負って走ります!山の中には至る所にトラップを仕掛けておきましたから、今の焼きが回った敵相手なら十分時間稼ぎができると思います!」
「さすがね!今回ばかりは甘えるわ!あなたにも焼きが回る日なんて来るのかしら?」
「そうですね…私に焼きが回ったら…この仕事をやめて二人で鯛焼き屋さんでも始めましょ♪」

意味・語源・由来・例文・用例・使い方カテゴリの最新記事