起きて半畳寝て一畳、天下取っても二合半【ビキニガールが教えます!】おきてはんじょうねていちじょう、てんかとってもにごうはん…とは(意味・語源・由来・例文・用例・使い方)

起きて半畳寝て一畳、天下取っても二合半【ビキニガールが教えます!】おきてはんじょうねていちじょう、てんかとってもにごうはん…とは(意味・語源・由来・例文・用例・使い方)
起きて半畳寝て一畳、天下取っても二合半【ビキニガールが教えます!】おきてはんじょうねていちじょう、てんかとってもにごうはん…とは(意味・語源・由来)

起きて半畳寝て一畳、天下取っても二合半【ビキニガールが教えます!】おきてはんじょうねていちじょう、てんかとってもにごうはん…とは(意味・語源・由来)

「こんな広い家に住んでみたい!お店中のケーキを食べ尽くしてみたい!」
「足るを知りなさい!起きて半畳寝て一畳天下取っても二合半よ!」
「え~私さっきごはん四合食べたよ!」
「そういわれれば私も五合くらいならペロッといっちゃうわね…」

【解説】「起きて半畳寝て一畳(おきてはんじょうねていちじょう)」とは、人間が必要とする広さは、起きている時が半畳で、寝ても一畳あれば足りるのだから贅沢は慎むべき…という教えです…この「起きて半畳寝て一畳(おきてはんじょうねていちじょう)」の語源については、江戸時代(1797年)に刊行されたことわざ集「諺苑」が初出とされており、そこに中国古代前漢の学者・韓嬰による書物「韓詩外伝」の用例も記されていますが、実際の「韓詩外伝」には「家などは膝を容れるだけあればいい」といった内容の記述しかなく、どこでこのような言い回しに変わったのかは不明となっています…この「起きて半畳寝て一畳(おきてはんじょうねていちじょう)」によく続けられるのが、「天下取っても二合半(てんかとってもにごうはん) 」であり、その意味は、たとえ出世して天下を取った人間でも、一食に食べられるお米は二合半くらいが限度なのだから、あまり欲張るべきではない…という戒めです…この「天下取っても二合半(てんかとってもにごうはん) 」の語源も不明ですが、一食に二合半という内容から、作られたのは江戸時代と推測され、「起きて半畳寝て一畳(おきてはんじょうねていちじょう)」に付け加えられるようになったのは、昭和に入ってからという説があります…

【類義語】座して半畳寝て一畳、座って半畳寝て一畳、立って半畳寝て一畳


起きて半畳寝て一畳、天下取っても二合半【スクール水着で答えます!】おきてはんじょうねていちじょう、てんかとってもにごうはん…とは(例文・用例・使い方)

起きて半畳寝て一畳、天下取っても二合半【スクール水着で答えます!】おきてはんじょうねていちじょう、てんかとってもにごうはん…とは(例文・用例・使い方)

「ついにマンションを買ったのよ!部屋数は少ないけれど、起きて半畳寝て一畳というでしょう…このくらいの広さがあれば十分だわ!」
「この前出張したとき、会社が用意してくれたビジネスホテルに泊まったんだけど、ベッド一つだけで、床がほとんどなかったの!起きて半畳寝て一畳とはいうけれど、いくらなんでもあれは狭すぎたわ…」
「お城みたいな家に住んでみたいという気持ちがないといえば嘘になるけど、買えっこないもの…起きて半畳寝て一畳って自分に言い聞かせているわ!」
「あなたはいつも贅沢ばかりしているわね…起きて半畳寝て一畳なんて考えたこともないんでしょうね!」
起きて半畳寝て一畳っていうじゃない…満足できる心を持っているってことが一番贅沢なのよ!」
「そんな大変な思いまでして昇進なんかしなくてもいいわ…天下取っても二合半っていうじゃない…ずっと平社員のまま気楽にいきましょう!」
「無理をして事業拡大を続けてきたけれど、天下取っても二合半とはよくいったものね…苦しいだけで全く幸せを感じられない…」
天下取っても二合半というでしょう…人間が感じられる幸せなんて限度があるのよ…」
「そんなに有名になったって、スキャンダルとかストーカーとかリスクのほうが大きいじゃない…天下取っても二合半という言葉を知らないのかしら…」
「歴史上の偉人て、本人は苦しみの連続で生涯を終えていることが多いわよね…天下取っても二合半か…負け惜しみに聞こえるかもしれないけれど、私は今のままで十分だわ…」

意味・語源・由来・例文・用例・使い方カテゴリの最新記事