嘴が黄色い【ビキニガールが教えます!】くちばしがきいろい…とは(意味・語源・由来・例文・用例・使い方)

嘴が黄色い【ビキニガールが教えます!】くちばしがきいろい…とは(意味・語源・由来・例文・用例・使い方)

嘴が黄色い【ビキニガールが教えます!】くちばしがきいろい…とは(意味・語源・由来)

嘴が黄色い【ビキニガールが教えます!】くちばしがきいろい…とは(意味・語源・由来)

「みほ先輩のしっぽ!可愛いですねー!」
「ありがとう!はるかちゃんも何か着けてみたら?」
「えーっ!やっぱりこういうのはみほ先輩くらい貫禄がないと似合いませんよ!私なんてまだまだ嘴が黄色いですから!いつまでそのポーズしてるんですか?」
「くちばし?黄色いのはビキニでしょ?」
嘴が黄色い(くちばしがきいろい)というのは、ひな鳥の嘴が黄色いところから年が若くて経験が浅いことをあざけっていう言葉なんです!
「じゃあ!くちばし着けようよ!ヒヨコみたいできっと可愛いよ!ビキニもちょうど黄色いし!耳やしっぽはもー古い!あたし持ってるから着けてあげる!」
「これ本当に可愛いんですか?ヒヨコというよりアヒルのような…」
「かわいい!かわいい!」

嘴が黄色い【スクール水着で答えます!】くちばしがきいろい…とは(例文・用例・使い方)

嘴が黄色い【スクール水着で答えます!】くちばしがきいろい…とは(例文・用例・使い方)

「『僕と結婚してください』ですって!?…くちばしの黄色いヒヨッコが…」
「先輩!ぼくはもうくちばしの黄色い子供なんかじゃない!先輩を守っていくことだってできます!」
「…じゃあ…今から出す質問に答えられたら、あんたのくちばしはもう黄色くないって認めてあげるわ…」
「いいでしょう!僕のくちばしはもう黄色くないってことを証明してみせましょう!」
「…人といないと男、人といると女…これって何?ヒントは…私はあんたにその男になってもらいたいってことよ!くちばしがもう黄色くないのなら答えられるでしょう?」
「何でそんな「なぞなぞ」みたいなものに答えられることが、もうくちばしが黄色くないってことの証明になるんですか!?」
「質問しているのは私!それともまだくちばしが黄色いって認めちゃう?」
「くそっ!……あはっ…あはははは!嬉しいです!ありがとうございます!確かに僕はまだくちばしの黄色い子供でしたね!」
くちばしの黄色いヒヨッコちゃん!それで答えは?」
「もちろんOKです!こんなくちばしがまだ黄色い子供ですが…末永くよろしくお願いします!」
「私からのプロポーズ…わかってくれたみたいね!もうくちばしが黄色いなんて言わないわ!」
「「夫」という字は、右側に「人」が付くと「夫人」になります…つまり僕に夫になってほしい…先輩のほうからプロポーズしたかったなんて…先輩のそんな気持ちにも気づくことができなかった僕は、やっぱりまだまだくちばしが黄色い子供ですよ!」