管を巻く【ビキニガールが教えます!】くだをまく…とは(意味・語源・由来・例文・用例・使い方)

管を巻く【ビキニガールが教えます!】くだをまく…とは(意味・語源・由来・例文・用例・使い方)

管を巻く【ビキニガールが教えます!】くだをまく…とは(意味・語源・由来)

管を巻く【ビキニガールが教えます!】くだをまく…とは(意味・語源・由来)

「あたしはべつにさびしいわけじゃないの!ちょっと!みほ!聞いてる?あたしはさびしいって言ってるわけじゃないの!」
「ちづる先輩さっきからあの調子なの!」
「管巻いてるね~!」
「「くだを撒く(くだをまく)」ね!」
「確かに撒き散らかすイメージがあるけど「管を巻く(くだをまく)」なのよね~!管(くだ)っていうのは機織りで糸を紡ぐときに使う軸のことで、これを糸繰車(いとくりぐるま)に差して糸を巻くと「ぶうんぶうん」っていう単調な音が鳴り続けるの!管巻きの音や糸を巻く動作が酒に酔った人が同じことを繰り返しくどくど言う姿に似ていることから「管を巻く」って形容されるようになったのよ!
「これはこれは素敵なお客様!いらっしゃいませ!」
「初めまして!」
「やっぱり人間?」
「腹話術でしょ?」

管を巻く【スクール水着で答えます!】くだをまく…とは(例文・用例・使い方)

管を巻く【スクール水着で答えます!】くだをまく…とは(例文・用例・使い方)

「あんたの旦那、またうちのお店でベロンベロンに酔っぱらってくだをまいているのよ!引き取りに来てくれない!?」
「あの人またくだをまいているんですか!?すみません…すぐに行きます!」

 

「ちょっと!またこんなに酔っぱらってくだをまいて!お店に迷惑だから帰るわよ!」
「…ヒック…くだをまいてなんかいねえ…俺はなあ…ヒック…くだをまいてなんかいねえんだ…ヒック…」
「酔っ払いに何を言っても無駄なようだから独り言を言うわ!あ~あ!酔っ払ってくだをまくしか能がないなんて人間のクズね!死んだほうがいいわ!ダメな自分、ダメな人生から目を背けて、俺は何でもできるって思い込みたいから、お酒に頼っているだけでしょう!本当に人間のクズ!死んだほうがいいわ!」
「…俺はくだをまいてなんか…ヒック…なにい!?死んでやらあ!ヒック…死んでやるとも!ヒック…」
「フン!またくだをまいて!本当に死ぬ気があるなら車にひかれるなり、どっかから飛び降りるなりしてとっとと死んでみなさいよ!」
「…俺はくだをまいてなんか…ヒック…死んでやらあ!ヒック…本当に死んでやるからな!ヒック…」

 

「ふーっ…やっと出て行ってくれた…でも大丈夫かい?あそこまで言っちゃって…最後までくだをまいていたけど…本当に死んじゃったりしたら…」
「ご迷惑おかけしてすみませんでした…大丈夫です…いつものことですから…あの人がくだをまいているときは、あそこまで言わないと動かないんです…今頃もう家で寝ていると思います…これ…お代と少しですが迷惑料…受け取ってください…」
「あんたも大変だねえ…普通の女房だったら、もうとっくに愛想を尽かして逃げ出しているよ!あんたもたまにはお酒でも飲んでウサを晴らしたらどうだい?あんたがくだをまいても聞いてやるよ!」
「ありがとうございます…でもくだをまくのはあの人だけでもう十分!あの人があんなふうになってしまったのは私の責任でもあると思いますから…いつかあの人が立ち直ることを信じて頑張ります!」