後の祭り【ビキニガールが教えます!】あとのまつり…とは(意味・語源・由来・例文・用例・使い方)

後の祭り【ビキニガールが教えます!】あとのまつり…とは(意味・語源・由来・例文・用例・使い方)

後の祭り【ビキニガールが教えます!】あとのまつり…とは(意味・語源・由来)

後の祭り【ビキニガールが教えます!】あとのまつり…とは(意味・語源・由来)

「あ~あ…ちづる先輩にもかなめ先輩にも相手にされなくなっちゃった…こんなことになるならもっと最初から……こんなこと考えても……もう後の祭りね…」
「後の祭り」は「手遅れ」って意味だけどその語源は知ってる?
「かなめ先輩!」
祇園祭には「前の祭り」と「あとの祭り」があって「あとの祭り」は賑やかさがないから見に行っても意味がないって説と…人が亡くなった後に盛大なお葬式をやっても意味がないって説の二つがあるのよ!フツーにしてればフツーに可愛がってあげるわよ!」
「かなめ先輩!」
「抱きつくのは絶対フツーじゃないと思う!」

後の祭り【スクール水着で答えます!】あとのまつり…とは(例文・用例・使い方)

後の祭り【スクール水着で答えます!】あとのまつり…とは(例文・用例・使い方)

「ねえ…マスター…聞いてくれる…?私の人生…全てがもう後の祭りだわ…」
「何が後の祭りなんです…?」
「私…会社でね…初の女性管理職にまで上りつめたのよ…でもしょせん男社会だったわ…上から下からの圧力が凄くてね…結局それに耐えられず、会社を辞めてしまったの…辞めて初めてわかったわ…毎月安定してお金が入ってくることの有難さが…辞めなければ良かった…頑張って圧力に耐えれば良かった…そもそも管理職になんかならなければ良かった…色々後悔したけど後の祭り…」
「…後の祭り…ですね…」
「会社を辞めて、ヤケになっていたのかもしれないわね…その後、私…夫も子供もいる身でありながら、夫以外との男性と恋仲になってしまったの…不倫ね…でも隙だらけだった私は夫に隠し通すこともできなかった…離婚せざるを得なくなって、親権も取られたわ…不倫相手も遊びだったのね…すぐに捨てられてしまった…失って初めて、私は会社なんかよりよっぽど大切な家族というものを持っていたということに気づかされたわ…もっと早くそのことに気づけば良かった…不倫なんかしなっければ良かった…これもいくら後悔しても後の祭りね…」
「…それも…後の祭りですね…」
「一人になった私は生活していくために、手元に残ったお金で水商売のお店を始めたの…でも素人がいきなり始めてうまくいくほど甘い世界ではなかったわ…客足が伸びずに赤字経営が続いたの…何とか立て直そうと思って従業員を増やしたりもしたけど、人件費がかさんでかえって経営は苦しくなったわ…結局数か月でお店を手放さざるを得なくなったの…全財産を失い、残ったのは借金だけ…甘い考えで始めるんじゃなかった…もっと手堅くやれば良かった…色々後悔したけど…これも後の祭り…どう?私の人生全部後の祭りでしょう…もう死にたいわ…」
「…後の祭りになっていないものが一つだけありますよ…まだ命が残っているじゃないですか…それを失ったら、それこそ本当に後の祭りですよ…」
「…そのとき私はもう…後の祭りだ…なんて嘆くこともできないからいいのよ…」