苛々【ビキニガールが教えます!】いらいら…とは(意味・語源・由来・例文・用例・使い方)

苛々【ビキニガールが教えます!】いらいら…とは(意味・語源・由来・例文・用例・使い方)

苛々【ビキニガールが教えます!】いらいら…とは(意味・語源・由来)

苛々【ビキニガールが教えます!】いらいら…とは(意味・語源・由来)

「かなめ先輩!じゃあまた!」
「さくらちゃんまたね!そんなにイライラしないでよ…フツーに接してくれるようになったからフツーに可愛がってるだけよ…」
「「イライラ」にも語源があるの?」
イライラの語源は草木の刺(とげ)を指す「イラ」を重ねたもので本来は「刺が出ている様子」を指す言葉だったの…そこから刺が刺さったときなどの「不快な刺激」を指すようになり転じて「焦って神経が高ぶっている様子」を指すようになったの…私の相棒はみほだけだよ!ずっと名物コンビでいよーね!」

苛々【ハイレグレディーが解決します!】いらいら…とは(例文・用例・使い方)

苛々【ハイレグレディーが解決します!】いらいら…とは(例文・用例・使い方)

「先輩!何イライラしてるんですか?」
「べつにイライラなんかしてないわよ!」
「今回はそんな先輩のイライラを吹き飛ばすようなスカッとするミッションですよ!」
「だからイライラなんてしてないって!どんなミッションなのよ?」
「なんと!敵の資金源となっているビルの爆破です!表向きは一般の企業を装っていますが、銃、麻薬、人身売買などの温床となっているビルです!もちろん周辺に被害が及ばないよう無音でそのビルだけを破壊できる高性能の爆弾を使います!地上20階建ての高層ビルですから、爆破すればイライラも吹き飛ぶこと間違いなしですよ!」
「確かにイライラも吹き飛びそうね…って、私がイライラしてたらね!中にいる人間はどうするの?敵以外の人間もいるかもしれないでしょう?」
「その点は大丈夫です!設備点検を名目として、誰も残らないよう偽の通知を流してあります!決行は今夜午前2時!イライラを吹き飛ばしましょうね!」
「オッケー…でも私はイライラしてないから…」

 

「灯りが点いている部屋が一つだけありますね…通知を読まなかったのかしら?ちょっと私が様子を見て来ます!先輩はここで見張りをしながらイライラしないで待っていてください!」
「わかったわ…ちなみにイライラはしないけどね…インカムで連絡を取り合いましょう…」

 

「あまりに遅いし…連絡も通じないからイライラして見に来てみれば…何縛られてんのよ!」
「すみません!ドジ踏んじゃいました…イライラしないでください!敵はここにいる5人だけです!よろしくお願いします!」
「せいっ!たあっ!フン…もう終わり?イライラの解消にもならないわ!」
「さっすがぁー!イライラしてるときの先輩は、いつもにも増して強いですね!」
イライラしている暇はないわ!夜が明ける前に爆破を終了させなきゃ!早く爆弾をしかけましょう!」
「は~い!でもイライラしてる先輩も素敵ですよ!」

 

「はぁ~…さすがに地上20階建ての高層ビルが崩れゆく姿は壮観ですね~!あっ!先輩もいつもの笑顔に戻ってる!…でも先輩…途中はともかく、最初何であんなにイライラしてたんですか?」
「…最近あなたと組む仕事がなくて…寂しくてイライラしてたなんて言えないでしょ!」