鼻に掛ける【ビキニガールが教えます!】はなにかける…とは(意味・語源・由来・例文・用例・使い方)

鼻に掛ける【ビキニガールが教えます!】はなにかける…とは(意味・語源・由来・例文・用例・使い方)
鼻に掛ける【ビキニガールが教えます!】はなにかける…とは(意味・語源・由来・例文・用例・使い方)

鼻に掛ける【ビキニガールが教えます!】はなにかける…とは(意味・語源・由来)

ライブに向けての練習中―
女の子たち「かなめちゃーん!かなめー!」
はるか「みほさーん!かなめ先輩って人気ありますね…やっぱり知的で上品なのに鼻に掛けるところがないからですかね…いやー!同じ女として羨ましい!」
みほ「ふ~ん…ねーねー!あたしも華に欠けるところはないと思うけど…」
はるか鼻に掛ける(はなにかける)です!自慢するとか得意がるという意味で、アヘン戦争敗北後の中国に移住してきた鼻の高い西洋人が威張った態度だったことからできた言葉なんです!あっ!もちろんみほ先輩はすごく華があります!可愛さも面白さもピカイチです!かなめ先輩もみほ先輩という素敵な引き立て役…じゃなくてパートナーがいるからこそ輝けるんだと思います!私はみほ先輩のファンです!」
みほ「やっぱりね~!あたしほど華があって可愛くて面白い子はいないよね~!」
はるか「はい!そのすぐ鼻に掛けるところも好きです…面白くて…」

意味・語源・由来・例文・用例・使い方カテゴリの最新記事