手薬煉を引く【ビキニガールが教えます!】てぐすねをひく…とは(意味・語源・由来・例文・用例・使い方)

手薬煉を引く【ビキニガールが教えます!】てぐすねをひく…とは(意味・語源・由来・例文・用例・使い方)
手薬煉を引く【ビキニガールが教えます!】てぐすねをひく…とは(意味・語源・由来・例文・用例・使い方)

手薬煉を引く【ビキニガールが教えます!】てぐすねをひく…とは(意味・語源・由来)

みほ「なつきちゃん!今日もこれからちはるちゃんとケンカ?よっ!火事と喧嘩は江戸の華だね!」
なつき「ケンカじゃなくてスパーリング!今日はちはるの家の近くでやるからきっともう先に来て手薬煉引いて待ってるわよ!」
みほ「テグス?釣り糸のこと?」
なつき「釣り糸なんか引くわけないでしょ!手薬煉引いて(てぐすねひいて)!薬煉(くすね)っていうのは弓の弦を強くするための粘着剤で、この薬煉を手で弓の弦に塗るってことは「十分な態勢を整えて」って意味なの!今日のスパーリングはお互いの試合前の重要なスパーリングなの!私たちにとってスパーリングは神聖な儀式みたいなものなのよ!」
みほ「テグス引いてたね!」
ちはる「今日入れ食いだからスパーリング中止ね!」

意味・語源・由来・例文・用例・使い方カテゴリの最新記事