何れ菖蒲か杜若【ビキニガールが教えます!】いずれあやめかかきつばた…とは(意味・語源・由来・例文・用例・使い方)

何れ菖蒲か杜若【ビキニガールが教えます!】いずれあやめかかきつばた…とは(意味・語源・由来・例文・用例・使い方)
何れ菖蒲か杜若【ビキニガールが教えます!】いずれあやめかかきつばた…とは(意味・語源・由来・例文・用例・使い方)

何れ菖蒲か杜若【ビキニガールが教えます!】いずれあやめかかきつばた…とは(意味・語源・由来)

みほ「お待たせいたしました!ただいまから「ビキニガールコンテスト」を開催いたします!司会は私「みほ」と!」
かなめ「私「かなめ」でお送りいたします!どうぞよろしく!やっぱりやるんだ…でも私たちのライブはもう終わってるからまあいーや!」
みほ「かなめさん!出場者の方々にはもうお会いになりましたか?」
かなめ「ええ!先ほど!何れ菖蒲か杜若でどんな結果になるか楽しみです!」
みほ「それはつまり…いずれはアヤメやカキツバタのように美しくなるだろうと!要するに今はまだ美しくないと!つまりこういうことですね!」
かなめ「違います!何れ菖蒲か杜若(いずれあやめかかきつばた)というのはいずれも素晴らしく優劣つけ難いという意味です!源頼政が怪しい鳥を退治した褒美として菖蒲前という美女を賜るときに十二人の美女の中から選び出すように言われて詠んだ歌が語源になっています!
みほ「なるほど!それではまだ美しくない出場者の方々に登場していただきましょう!」
かなめ「違うって言ってるでしょ!」

意味・語源・由来・例文・用例・使い方カテゴリの最新記事