目くじらを立てる【ビキニガールが教えます!】めくじらをたてる…とは(意味・語源・由来・例文・用例・使い方)

目くじらを立てる【ビキニガールが教えます!】めくじらをたてる…とは(意味・語源・由来・例文・用例・使い方)

目くじらを立てる【ビキニガールが教えます!】めくじらをたてる…とは(意味・語源・由来)

目くじらを立てる【ビキニガールが教えます!】めくじらをたてる…とは(意味・語源・由来)

「後で食べようと思っていたみほのアイス食べたでしょ!」
「ごめんごめんそんなに目くじら立てないでよ…」
「メスのクジラなんか立てていませんけど!」
「あのねー…目くじらっていうのはねー…目くじらって目尻のことなの!目尻のことを「目くじり」ともいうんだけどそれが変化して目くじらになったの!「目くじらを立てる(めくじらをたてる)」っていうのは、ささいなことで目尻を吊り上げて人を責め立てることをいうのよ!」
「みほのアイスはささいなことじゃないもん!」

【解説】「目くじら」とは目尻のことです…目尻のことを「目くじり」ともいうのですが、それが変化して「目くじら」になりました…「目くじらを立てる」とは、目尻を吊り上げて鋭く相手を見たり、怒ったときの表情などを意味していましたが、徐々に見るだけではなく、ささいなことで人をとがめたり、責め立てたりする意味へと変化していきました…目尻を吊り上げて怒っているときというのは、「感情的」だったり「ヒステリック」だったりしますよね…そんな怒り方をしているときというのは、自分では気づかないだけで「ささいなこと」に腹を立てていることが多いのでしょうね…

目くじらを立てる【スクール水着で答えます!】めくじらをたてる…とは(例文・用例・使い方)

目くじらを立てる【スクール水着で答えます!】めくじらをたてる…とは(例文・用例・使い方)

「そんなに目くじらを立てて怒ってばかりいると、シワができて早く老けちゃうわよ!」
「あの先輩、すぐに目くじらを立てるわね!欲求不満なんじゃなの?」
「あ~あ…またあの上司に目くじら立てられちゃった…私はいつもストレス発散のはけ口だわ…」
「そんなことで目くじらを立てるなんて大人気(おとなげ)ないよ!」
「彼女が目くじらを立てるのは、彼に対してだけね…何か別の理由があるんじゃないのかな…」
「またあの人、目くじらを立てている…もうみんな、あの人を相手にするのはやめよう!」
目くじらを立ててばかりいたら、誰にも相手にされなくなっちゃった…少し反省しよう…」
「どうして私はすぐに目くじらを立ててしまうんだろう…心が狭いのかな…」
「人間、年を取ると目くじらを立てやすくなるわね…」
「常に相手の立場に立って考えてあげれば、そんなに目くじらを立てることもなくなるよ!」