つばめ

【ビキニガールが教えます!】「若いツバメ(わかいつばめ)」とは(意味・語源)

【ビキニガールが教えます!】「若いツバメ(わかいつばめ)」とは(意味・語源) かなめ「あけみ店長が自分で言ってたんだけど…若いツバメがいるって本当?」みほ「店長に年下の恋人ができたっていうのは聞いたけど、燕は飼ってないよ!」かなめ「年上の女性の恋人になっている若い男のことを「若いツバメ」っていうの!明治時代の婦人運動・女性解放運動の先駆者平塚雷鳥と年下の青年画家奥村博史との恋に由来するのよ!」みほ「へー!」かなめ「雷鳥が年下の男と恋に落ちたことで雷鳥を慕う人たちの間で大騒ぎになったの!それで博史は身を引くことにしたんだけど、そのとき博史が雷鳥に出した手紙の中に「若い燕は池の平和のために飛び去っていく」って書いたことから流行語になったのよ!」みほ「投げた!」あけみ「秘技!」かなめ「あれってちづる先輩の彼と同じお人形(抱きまくら)だよね!人間じゃないよね?」みほ「店長の恋人だったらあれくらいできてもおかしくないよ!曲芸師じゃない?」あけみ「ツバメ返し!」