もっけ 語源

【ビキニガールが教えます!】「勿怪の幸い(もっけのさいわい)」とは(意味・語源)

【ビキニガールが教えます!】「勿怪の幸い(もっけのさいわい)」とは(意味・語源) あけみ「色々と準備もあるだろうから次回のイベントの出演料先に払っておくわ…」かなめ「ありがとうございます!今月ピンチだったので助かります!勿怪の幸いです!」みほ「良かったね~!ホッケの災害だね!」かなめ「それどーゆー災害?勿怪の幸い(もっけのさいわい)!勿怪っていうのは死霊や生き霊のもののけ(物の怪)のこと!「もののけ」が「もっけ」になって「妖怪」とか「変化」って意味になったの!それが室町時代に「意外なこと」の意味になって、「意外な幸運」「思いがけない幸せ」を勿怪の幸いっていうようになったのよ!」みほ「妖怪がくれた幸せか~店長って妖怪みたいだもんね~!うまい!」かなめ「バカ!何言ってんのよ!決してそんな意味では…」あけみ「いいのよ…次回のイベントはストリップショーだから…そこでがんばってくれれば…」