やき

【ビキニガールが教えます!】「焼きが回る(やきがまわる)」とは(意味・語源)

【ビキニガールが教えます!】「焼きが回る(やきがまわる)」とは(意味・語源) ちづる「やっぱりマモルくんとこうしているときが一番落ち着くわ…」※注意「マモルくん」は人形(抱きまくら)です―ちづる「さくらちゃんのこと可愛がってあげてたのに…かなめちゃんのところに行っちゃった…あんな子の正体見抜けなかったなんて…私も焼きが回ったものね…」ゆりか「そーゆーのは家でやったら?」ちづる「え…マモルくん焼きが回るって意味知らないの?衰えるってことよ…刃物を作るときに火が回り過ぎるともろくなったり切れ味が悪くなることからきてるの……ムニャムニャ……スヤスヤ…」みほ「いい夢見てくださいね!」ちづる「焼きが回り過ぎてる!」