らち 意味

【ビキニガールが教えます!】「埒が明かない(らちがあかない)」とは(意味・語源)

【ビキニガールが教えます!】「埒が明かない(らちがあかない)」とは(意味・語源) かなめ「だから!店長が優勝するビキニガールコンテストなんてやったら大ブーイングで私とみほのライブも中止になっちゃいますよ!」あけみ「じゃあ代わりにかなめちゃんのストリップショー♪」かなめ「やりません!」あけみ「じゃあ私が優勝するビキニガールコンテスト♪」かなめ「もう!埒が明かない!」みほ「拉致が空かない?拉致の順番待ってるの?」かなめ「あんたを拉致してあげようか?埒が明かない(らちがあかない)!埒(らち)っていうのは柵のこと!柵が外されるまで行事が始まらなかったりお祭りに参加できないことが多かったことから「事態が進展しない」ことを「埒が明かない」っていうようになったのよ!」みほ「じゃあ「ストリップクィーンコンテスト」にして、店長が優勝するっていうのは?」かなめ「まあ…それなら…他に出場者もいないだろうし……って誰!?」あけみ「やだ!恥ずかしい…」